大注目のシミ取り施術|レーザーを用いてシミを取り除く

透明感のある肌を目指す

医師

アフターケアに注意

加齢とともに目立ってくるのがシミです。長年浴び続けた紫外線の影響で、頬を中心に色むらが生じます。こうしたシミをきれいにするためには、美容皮膚科でのシミ取り治療が効果的です。美白化粧品を使ってセルフケアをする方法もありますが、満足いく結果を出したいのであれば、美容皮膚科の力を借りるのが早いです。美容皮膚科では、光やレーザーを患部にあてることによって、シミを薄くする方法が良く用いられます。また、美白成分を肌の奥まで届ける機械を使った施術も行なっています。そのほか、物理的に不要な角質をそぎ取る、カーボンピーリングという方法がとられることもあります。いずれの施術も、施術後の肌は非常に敏感になっています。そのため、アフターケアがとても大切です。アフターケアは、患部に紫外線をあてないため、テープやばんそこうでガードするよう求められることもあります。シミ取り後の洗顔についても、いつも以上にやさしく洗うよう、心がけなければいけません。シミ取り施術後に使用する基礎化粧品は、刺激の少ないものを選ぶ必要があります。そうした細かなアフターケアについて注意すれば、シミ取り治療も功を奏し、シミやくすみのない美しい素肌を取り戻すことができます。シミ取りをするなら、アフターケアにまで気を配った病院を選択することが大切です。病院によっては、施術後の肌に適した基礎化粧品をお手頃価格で提供してくれるところもあります。医師の指示に従い、治療効果を発揮しやすい自己ケアをすることが大切です。

シミ以外の肌悩みにも

美容皮膚科は、美容整形で有名な病院の中に、一つの科として設けられていることが多いです。こうした美容クリニックでは、外科的手術や皮膚科の治療をあわせて、症状に合った総合的な施術をすることができます。美容クリニックには、医学の視点から美について学んだ多くの医師がいます。多角的な治療が可能なので、総合的に美肌やアンチエイジングを目指すなら、このような病院がおすすめです。シミ取りを目的にした治療は、シミ以外の肌悩みにも効果を発揮するという特徴があります。美容クリニックでの施術は、一つの治療でさまざまな効果を発揮するのが一般的です。そのため、シミの悩みを訴える患者が複数いた場合にも、一人一人肌の状態は異なるので、医師が勧める治療も少しずつ違います。つまり、オーダーメイドの治療なのです。たとえば、シミのほかに乾燥じわが目立つ肌であれば、どちらの悩みも解消できる種類の光をあてることになります。一方、シミのほかに年齢によるたるみが生じている肌であれば、たるみもとれる種類の光を選択することになります。医師の判断で、光治療に加え、薬による治療も並行して行うこともあります。美容クリニックでは、美を叶えるために、現状の肌をしっかり診察してもらうことが大切になります。そのため、美容クリニックの医師は、触診や視診に時間をかけてくれる人が多いという特徴があります。美的センスは人それぞれ異なるため、美容分野においては、医師と患者との信頼関係がとても重要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加