大注目のシミ取り施術|レーザーを用いてシミを取り除く

治療の違い

レディ

綺麗になりたいなら

シミがあるかないかで見た目年齢が変わります。ただシミ取りと聞くと肌への負担や金額面でもどのくらいかかるかわからない等不安ではないでしょうか。シミがあることでコンシーラーが必要だったりファンデーションを厚く重ねて目立たなくする必要があります。シミがなくなることでそういった手間と肌への負担がなくなることが大きなメリットです。それも短時間で悩みの元を消すことが出来るのです。シミ取りを行なう際、多くはレーザーを照射しシミ部分を、焼きます。シミを気にされる方の多くは顔のシミだと思いますのでこのレーザーを照射し焼くという部分に不安を感じる方も多いかと思います。どんな施術でも完璧安全なことはないのですが、シミ取りのレーザー治療において施術事故などの報道もなくトラブルも少ないようなので、比較的安全性の高い治療法といえます。レーザーにおいても様々な機械により、肌全体に効果のあるものや濃いシミにピンポイントで照射することが効果的なものもあります。顔全体的にシミが気になる場合は顔全体に効果のある機械がぴったりです。特定の濃いシミだけどうしても取りたいなどの場合はピンポイントに照射するレーザー治療が良いです。実際にシミを取ると一時的に肌が敏感な状態になります。濃いシミの部分の皮膚が取れるとその下にある新しいピンク色の皮膚が見えてきます。新しい皮膚がしっかりと定着して初めて綺麗な肌の状態になるため、施術時間は短時間で済んだとしてもその後のケア時間は時間がかかります。新しい皮膚が定着するまでは軟膏を塗り、肌色のテープなどをして外部からの刺激を守ります。

紫外線に注意

外部からの刺激で一番注意しなくてはならないのが紫外線です。紫外線に刺激を与え、肌が焼けるだけではなくシミの原因です。今あるシミも10年ほど前に受けた紫外線とよく言いますよね。それだけシミと紫外線は切ってもきれない縁のように気を付けなければいけません。シミ取りを短時間で出来たとしても、紫外線に当たってまた肌の表面が刺激され黒くなってはせっかくお金を払ってやったのに元も子もありません。そのため出来ればシミ取りをするなら紫外線の少ない時期にした方がよいでしょう。紫外線の少ない時期は1月2月です。年末年始の休暇中であれば仕事や学校もお休みなので人に施術跡を見られることもないし、マスクなどで顔も隠せるのでレーザー治療法をするには良い季節です。またどこも大半はシミ取りをした部分に貼る肌色のテープをくれるため、大体一週間から二週間はテープを貼ります。どうしても肌の皮脂等で短時間で取れてしまうこともあるので、必ず替えのテープももらうようにすると良いです。シミが取れて新しい皮膚の部分が定着し普段通りメイクが出来るようになるまで、約2ヶ月ほど様子をみましょう。もう一つ注意点としては、シミの部分が新しい皮膚に定着するまでマッサージなど圧をかけることは避けた方が良いです。化粧品ではシミの予防は出来てもシミを消す化粧品は少ないと思うので、金額面でも時間面でもレーザーでシミをとる方がメリットが多いと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加